輸入車の個人売買

クラシックカー,買取,旧車,輸入車,個人売買

輸入車の中古車市場は小さいことから、人気の無い車種や年式の古い車種の売却は困難になるケースがあります。
特に、並行輸入で購入した輸入車であれば、メンテナンス面での不安や維持費が高くなりがちなことから、
輸入車専門買取業者であっても厳しい査定になってしまう可能性があります。
そこで、専門業者への売却をあきらめて、個人売買を検討する人もいます。

 

 

個人売買の多くの場合は、インターネットを利用した売却手段を取ります。

 

 

一般には、車の個人売買専門サイトへ登録を行うか、インターネットオークションに出品するかの方法があります。
但し、個人売買専門サイトであっても、中々売買に結びつかないのが現状です。
更に、個人売買は専門買取業者への売却よりも、高い金額を付けることは可能ですが、売買におけるトラブルが付き物であることについて、ある程度の覚悟をしなければなりません。
これは、個人売買で購入する側でも同じことがいえます。
個人売買においては、情報の少ない買い手が不利になってしまうからです。

 

 

特にインターネットを通して実車確認も行わない状態での売買は、車に対する保証が何処にも無いことになります。
従って、購入する立場であっても、ある程度のトラブルは覚悟が必要となります。
そこで、個人売買におけるリスクを少しでも回避する為には、契約書が重要となります。
特に、購入後の故障や修理についての責任の有無について、契約書への明記が大切となります。
個人売買だからこそ、契約書の存在がポイントとなりますが、もしも面倒に思うのであるのならば個人売買は回避すべきといえます。