旧車 ボディのレストアはどこまで出来る? 

旧車,ボディ,レストア

 

旧車のボディをレストアするとなると、
まずは、サビや腐りをどう修繕していくか?になると思います。

 

 

この場合、予算的に一番安く済むのは、
該当箇所にステンレス板を当て、パテ埋めしていくやり方。。。なんですが、
コレはどうしてもムラが出たり、仕上がりの質を考えるとあまり多くは望めなくなってしまいます。

 

 

ですから、仕上がりのクォリティを考えると、
その箇所に切開加工をしてはく離をかけていくといった方法がベターでしょう。

 

 

 

ショップに依頼する場合は、20cm程度の大きさを直すのであれば、5万円位、
ですから、それが5か所、10か所となると、5万円×〇箇所分の費用がかかるわけです。

 

 

 

ボディの塗装にしても、その作業工程で修繕費用は変わります。

 

 

予算を抑え目にするとなると、ウィンドウを外さずマスキングして塗装をすることも出来ます。
逆に、予算の縛りをなく、仕上がりを優先するのであれば、
ドアやウィンドウを外して、マスキングをせずに塗装を行うやり方がよいでしょう。
これだと、手間も部品交換の費用もかかるので修繕費用の値段を上がりますが、仕上がりの品質が高くなります。

 

 

 

どれだけの予算をかけて、どの程度の仕上がりを望むのか?
それによって、行うレストアの選択はできるので、
ショップに依頼するのであれば、まずその辺りを相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

>>>トップページ