クラシックカー中古車をネットオークションで売るリスクは?

クラシックカー,買取,旧車,希少車,車買取,中古車,ネットオークション

今は、インターネットの普及で流通の方法もたくさん増えましたよね。
すっかり一般的になったネットオークションもその一つ。

 

今では、製造されていないクラシックカー・旧車・希少車も
ネットオークションを使えば、気軽に個人売買できるようになっています。

 

ネットオークションを使って、クラシックカーを売る理由の一つに売却額の高さがあると思いますが、
意外とトラブルも発生すること、ご存知ですか?

 

・金銭トラブル・・・車の売却なので、かなりな金額の取引になりますね、車の搬送費なども含めた金銭トラブルは多く挙げられています。
・名義変更など手続上のトラブル・・・名義変更やナンバープレートの交換などをしてもらえず、そのまま乗られてしまうケースも多発しています。その場合、何かあったら車の所有者の責任となり、税金などの請求がくることも。
・車を引き渡した後のクレーム処理など・・・素人同士の取引である以上、故障が見つかった場合の対処方法などきちんと取り決めをしておいた方がいいですね。引き渡した後のトラブルは結構多く、返品したいというケースも。

 

また、ネットオークションを利用する方は、売る方はより高く、買う方はより安くと
みな思っているので、思ったように高く売れない傾向もあります。
それに加えて、上記のようなさまざまなトラブルやリスクを考えると
やはり、クラシックカー・旧車を売るのであれば専門の買取業者にゆだねる事をおすすめします。

 

 

>>>トップページ

クラシックカー中古車をネットオークションで売るリスク記事一覧

クラシックカーや旧車を手放すときに、オークションを考える人は多いと思います。クラシックカーや旧車の場合、車の価値を知ってて、なおかつ好きな人であれば、市場価格よりも、高く売れる可能性が高いからですね。大体、個人がネットオークションを使った場合、車は成約率40%程度と言われています。もし、何度か出品しても落札されない場合は、設定した出品価格を見直すかオークションで売る事自体を、考え直したほうがいいで...